レザークラフト 作品

レザークラフトの定番 キーホルダーの作り方

革のキーホルダー

レザークラフトを始めた人の多くが最初に作る事が多い、キーホルダーの作り方を紹介します。

レザークラフトの基本技法を使用します。構造がシンプルなのでひとつひとつの作業を丁寧に行うことで上手に作品を作ることができます。

出来るだけ簡単作れるように直線のみでデザインしました。

革の使用量が少ないので、余ったハギレでぱぱっと手軽に作れるのも魅力です。

レザークラフトでのキーホルダーの作成手順

キーホルダーに必要な材料

  • 革(16cm×5cm)
  • キーリング
  • 蝋引き糸
  • トコノール

当サイトでは、厚さ2mmで硬めの栃木レザーを使用して作成しています。

準備する革は、厚さ1mm~3mm、硬さは、硬くても柔らかくても大丈夫です。

キーリングは、高級感がある側面が平らな平キーリングを準備しました。これは好みで良いと思います。

キーホルダーを作るのに必要な工具

  • 縫い針(90cm)
  • 蝋引き糸
  • ヒシメ打ち
  • ボンド
  • コーンスリッカー

作りがシンプルで工程も少ないので、使う工具も少ないです。

キーホルダーの型紙の作り方

キーホルダーの型紙を作っていきましょう。

縦2.5cm×横16cmの長方形に工作用紙を切る

 

キーホルダーの型紙 キーホルダーの型紙

長方形に切ったら折り返す部分にラインを引きます。
横辺の真ん中8cmを中心にして横2cm×縦7mmの長方形をカットします。

画像を参考にラインを引いてカットして下さい。

型紙を使って革にラインを引く

型紙を使ってキーホルダーの形にラインを引く

型紙を革にのせてラインを引きます。

目打ちを使って線を引きます。銀ペンなど他の物で代用しても大丈夫です。

革にキーホルダーのラインを引く

線を引いたら、型紙を反転させて線に合わせます。

キーケースの型紙を反転して線に合わせる

型紙を合わせたら、折り返し部分の線を引きます。

線を引くと下の画像のようになります。

キーケースの型紙を反転させて折り返し部分の線を引く

革をカットする

まずは、長方形にカットします。

キーケースの型紙を長方形にカットする

長方形にカットしたら、次は折り返し部分をカットしていきます。

キーケースの折り返し部分を裁断する。

縫うための線を引く

革の裁断が終わったら、縫う下準備を行っていきます。

縫うための線を引きましょう。

各辺の端から3mmに線を引きます。
下の画像を参考に引いて下さい。

キーケースを縫うための線をひく

長方形に縫うための線を引き終えました。

菱目打ちで縫い穴をあける

先ほど、線に合わせて菱目打ちで縫い穴をあけます。

4mmピッチの菱目打ちであけました。4mmピッチじゃなくても大丈夫です。

キーケースの縫い穴を菱目打ちであける

もう片側の縫い穴をあけるためにキーホルダーを逆に折り返してクリップなどで固定します。

さっき、縫い穴をあけた所を上にします。

縫い穴に目打ちを通して、縫い穴を写していきます。

キーホルダーを逆に折り返して縫い穴を写す

全部の縫い穴に印をつけたら、クリップを外します。片面に下の画像のような印がついています。

キーホルダーの縫い穴を目打ちでうつす

上の画像の印に菱目打ちで縫い穴をあけます。これで両面に縫い穴をあけることができました。

キーホルダーの縫い穴を開け終える

接着する

縫うために接着していきます。キレイに接着するように裏面をやすりなどで毛羽立てます。

キーホルダーの接着面をやすりで毛羽立てる

毛羽立てたら接着剤を塗るまえにキーリングを通します。あとからキーリングは通せないので要注意です。

キーホルダーにキーリングを通す

キーリングを通したら、接着剤を塗ります。はみ出ないように薄く塗りましょう。

キーホルダーの接着面に接着剤を塗る

接着剤を縫ったら接着面をくっつけて圧着します。

キーホルダーの接着面をくっつけて圧着する

大分、形になってきましたね。もう少しで完成です。

縫う

接着が終わったら縫う工程に入っていきます。

キーホルダーを手縫いで縫う

右上の角から縫いはじめます。

糸は90cmとって一回で縫いあげましょう。

キーホルダーを手縫いで縫い終わる

縫い終わったら、ライターで縫い糸の処理をします。

キーホルダーの糸の処理

コバ磨きをする

縫い終わったらコバ磨きをします。

今回は、縁を落とさないでコバ磨きを行いました。

コバを磨いたら作業は終了です。

革のキーホルダーの完成

キーホルダーが完成しました。

レザークラフトのキーホルダーが完成

シンプルなキーホルダーですが、革の質感が上品です。刻印でなにか刻んでも良さそうですね。

キーホルダーは、レザークラフトの基本となる技法を使うので構造はシンプルで作業数も少ないですが、技術がよく現れます。

写真の撮り方次第では、以前作った革のトレイにのせてインスタ映えしそうな感じにもなります。このページのトップ画像を参照してください。

お気に入りの革で、素敵なキーホルダーを作ってみましょう。

レザークラフトで作ったコースター
レザークラフトの基本的な技法でコースターを作ってみようレザークラフトでコースターを作ってみましょう。 レザークラフトの基本的な技法を使った作成方法になります。 革製のコースターは...
レザークラフトで作成した2つ折りのキーケース
レザークラフトで2つ折りのキーケースを作ろうキーケースでも作るのが簡単な2つ折りのキーケースを作っていきましょう。 シンプルな構造で縫い合わせも無いので初心者でも簡単に作るこ...
レザークラフトでの手帳型スマホケースの作り方レザークラフトでスマートフォンケースの作り方についての手順です。 今回は、カードポケットが1つのシンプルな手帳型スマートフォンケー...
革のトレイにペア時計を置く
縫わずにボタンをつけるだけ トレイの簡単な作り方簡単にできる縫わないトレイの作り方を紹介します。 生地を四角に裁断して4つ角にボタンをつけるだけでオシャレなトレイが完成できます。...
革製の三角コインケース
簡単。縫わない三角コインケースの作り方レザークラフトの定番のコインケースの中でも一番簡単な三角コインケースの作り方を紹介します。 三角コインケースは、ボタンを2個つける...
【作品作りが楽しくなる】おすすめの革

Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/kou12113/leather-craft-guide.com/public_html/wp-content/plugins/pinterest-pin-it-button-for-images/ppibfi_pinterest.php on line 238

おすすめの革一覧

RELATED POST
革のペンケース レザークラフト 作品

革のファスナー付きペンケースの作り方

2019年10月11日
簡単に作れるレザークラフト入門講座 ほこるる
ファスナー付きのペンケースの作り方です。 ファスナーは、取り付けが難しそうなイメージがありますが直線でつけるのは簡単です。 革で作っていますが、布など他の素材でも作るこ …
革のおしゃれなペットボトルホルダー レザークラフト 作品

世界一簡単なペットボトルホルダーの作り方

2019年5月14日
簡単に作れるレザークラフト入門講座 ほこるる
外出時に便利なペットボトルホルダーの作り方を紹介します。 タイトルにある通り、ボタンをつけるだけでお洒落なペットボトルホルダーが作成できます。 革のペットボトルホルダー …
ほこるるオリジナルレザークラフトキット&ヌメ革販売
販売サイトはこちら
ほこるるレザークラフトキット&お得なハギレセット
ウェブショップはこちら