レザークラフト 作品

レザークラフトでの手帳型スマホケースの作り方

レザークラフトでスマートフォンケースの作り方についての手順です。

今回は、カードポケットが1つのシンプルな手帳型スマートフォンケースになります。

作業時間は、2~3時間になります。

レザークラフトでスマートフォンケースを作るのに必要な材料

  • 蝋引き糸
  • スマホケース
  • ボタン

カードポケットを作成するので縫った時に厚くなりすぎないように2.0mmの厚さの革を使用しています。手になじみやすいように固すぎず柔らかすぎない適度にコシのある革を選びました。

 

スマートフォンケースの型紙の作り方

現在使っているスマホケースが手帳型の場合、それの型をとればいいです。

今回は、このスマホケースを元に作成していきます。

レザークラフトで作るスマホケースの見本

型紙の上にスマホケースをのせて方をとっていきます。

手帳型のスマホケースが無い方は、以下のサイズで作れます。
横(スマホケースの横幅×2+2.5cm)

縦(スマホケースの縦と同じサイズ)

下のマジックで印をつけた部分がスマートフォンの横幅になります。
スマホケースの横幅に加えて折り畳むのに3cm位、必要になります。
この3cmを加えないと横幅が足りなくなります。

レザークラフトでのスマホケースの型紙作り

スマホケースの型紙の完成

カードポケットは、上の画像のマジック部分の横幅で作成しています。

左側から右斜め下に向かってカットしていきます。

左の辺8.5cm  右の辺7cmです。

ボタンをつける部分は、縦2cm×横7cmの長方形です。

スマホケースの型紙の展開図

スマホケースの型紙に沿って革をカット

上の型紙を使って革をカットしていきます。

スマホケースの型紙を使って革をカット

一度、仮に組んでみます。こうすると完成形が想像できて作業にやる気が出てくると思います。

革で作るスマホケースを仮組みする

次は、カットした革の端を丸くします。

革で作るスマホケースの角を丸める

スマホケースのカードポケットの接着

今回は、ボンドではなく両面テープを使用して接着します。

カードポケット部分の内側に縫い目を作らなかったので、その部分に細くはみ出さないようにボンドを塗るのは難しいので両面テープでの接着をおすすめしています。

技術に自信がある方や両面テープが無い方は、ボンドで接着しても大丈夫です。

スマホケースのカードポケットを両面テープで接着する

合わせると下の画像のようになります。

スマホケースのカードポケットを仮止めする

縫い穴をあける

縫う部分にネジ捻で痕をつけていきます。

ネジ捻がない場合は、定規で線を引いたりステッチングルーバーで線を引いて下さい。

ボタンをつける部分にも線を引いていきます。

スマホケースの革に縫い穴をあけるための線を引く

 

縫い穴をあける

次に先ほど引いた線に合わせて縫い穴をヒシメ打ちであけていきます。

今回は、1.5mm幅のヨーロッパ目打ちで穴をあけています。

スマホケースの革に1.5mm間隔で縫い穴をあける

スマホケースを平縫いで縫う

いよいよ縫う工程に入っていきます。

今回作成しているスマホケースは、ピンクの細目の蝋引き糸を使用しています。

糸の長さは、作品の外周×4~5倍必要になります。

縫い終わり後が下の画像になります。

スマホケースを縫う

裏面になります。

スマホケースの縫い終わり

縫い終わったらコバ磨きをしていきます。

ボタンをつける部分の作成

先ほど、縫う部分に線を引いたのでそこに縫い穴をあけていきます。

注:ボタン部分も同色の革を使用しようと考えていたのですが、途中でヌメ革の方がオシャレだと閃いたため、ボタン部分のみヌメ革で作成しなおしています。

曲線部分は、2本目の菱目打ちを使用しましょう。

 

スマホケースの留め具に縫い穴をあける

穴を開けたらコバ磨きをします。

磨き終わったらボタンをつけます。

スマホケースの留め具にボタンをつける

ボタン部分の取り付け

ボタン部分をとりつけていきます。

取り付ける部分に重ねて、縫い穴を開けるところに印をつけていきます。

スマホケースの留め具を縫う部分に印をつける

縫い終わりが下の画像になります。

スマホケースの留め具を縫う

スマホケースを接着する

革にスマホケースを接着していきます。

接着する前に、革にスマホケースを合わせてカメラ部分をカットします。

スマホケースを革に接着する

本体にボタンオスを取り付ける

上記工程が終わったら本体にボタンをとりつけていきます。

折り畳んで場所を決めてからボタンを取り付けます。

スマホケースにオスボタンを取り付ける

手帳型のスマホケースの完成

以上の工程で手帳型のスマホケースが完成になります。

革の質感がとてもオシャレなスマホケースになりました。

ステッチとボタンの留め具のヌメ革が良いアクセントになっています。

市販品のようなクオリティではありませんが、個人で使用する分には十分なのではないでしょうか。

レザークラフトで作る革のスマホケースの完成 表側 レザークラフトで作る革のスマホケースの完成 裏側
革のトレイにペア時計を置く
縫わずにボタンをつけるだけ トレイの簡単な作り方簡単にできる縫わないトレイの作り方を紹介します。 生地を四角に裁断して4つ角にボタンをつけるだけでオシャレなトレイが完成できます。...
レザークラフトで作ったコースター
レザークラフトの基本的な技法でコースターを作ってみようレザークラフトでコースターを作ってみましょう。 レザークラフトの基本的な技法を使った作成方法になります。 革製のコースターは...
レザークラフトで作成した2つ折りのキーケース
レザークラフトで2つ折りのキーケースを作ろうキーケースでも作るのが簡単な2つ折りのキーケースを作っていきましょう。 シンプルな構造で縫い合わせも無いので初心者でも簡単に作るこ...
【作品作りが楽しくなる】おすすめの革

Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/kou12113/leather-craft-guide.com/public_html/wp-content/plugins/pinterest-pin-it-button-for-images/ppibfi_pinterest.php on line 238

おすすめの革一覧

RELATED POST
レザークラフト 作品

おしゃれな2つ折りパスケースの作り方

2019年5月2日
簡単に作れるレザークラフト入門講座 ほこるる
オシャレな2つ折りパスケースの作り方を紹介します。 縦に2つ折りになるパスケースは、革の質感が美しく売っている商品のようなクオリティで作るのも難しくありません。 パスケ …
革のペンケース レザークラフト 作品

革のファスナー付きペンケースの作り方

2019年10月11日
簡単に作れるレザークラフト入門講座 ほこるる
ファスナー付きのペンケースの作り方です。 ファスナーは、取り付けが難しそうなイメージがありますが直線でつけるのは簡単です。 革で作っていますが、布など他の素材でも作るこ …
革のストラップ式キーホルダー レザークラフト 作品

ボタンを2個つけるだけ ストラップ式キーホルダーの作り方

2019年3月15日
簡単に作れるレザークラフト入門講座 ほこるる
ストラップ式キーホルダーは、ボタンを2個つけるだけで簡単に作れます。 ベルトやカバンにつけたりと実用性も高く、難易度が低いのにオシャレ …
ほこるるオリジナルレザークラフトキット&ヌメ革販売
販売サイトはこちら
ほこるるレザークラフトキット&お得なハギレセット
ウェブショップはこちら