レザークラフト 作品

iPhoneSEの手帳型ケースの作り方

発売から数年経っていますがコンパクトで人気のiPhoneSEの手帳型ケースの作り方です。

パーツが3点とシンプルな作りになっています。

シンプルだけど実用性があるiPhoneケースをデザインしました。

本革の質感を生かして高級感のあるおしゃれなiPhoneケースを作ってみましょう。

iPhoneSEケースの作成手順

難しそうなイメージのあるiPhoneケース作りですが、デザインがシンプルなため2~3時間くらいで作成できます。

iPhoneケースを作るのに必要な材料

  • バネホックボタン
  • カシメ
  • 蝋引き糸
  • トコノール
  • 両面テープ又はボンド

当サイトでは、厚さ2cmの硬めの革を使用しています。

カシメが無い場合は、本体に直接縫い付けると良いでしょう。

iPhoneケースを作るのに必要な道具

 

  • 縫い針
  • ボタン打ち具
  • カシメ打ち
  • 打ち台
  • コーンスリッカー
  • カッター

 

iPhoneSEケースの型紙

最初に型紙を作成します。

iPhoneSEケースの型紙

左のカードポケットになる部分は、縦13.2cm×横6cmの長方形にカットしてからカードをいれやすいように円形にカットします。

コンパスや分度器を使用するときれいな円を描けると思います。

右上のボタン留め具になるパーツは、革の厚さによって長さを調整する必要があります。

本体に2mm以上の革を使用する場合は、7cmにして下さい。

型紙を革に写す

型紙を革にのせて銀ペンなどでカットする線を引きます。

iPhoneSEケースの型紙を革に写す

ちょっと薄いですが、下の画像が線を引いたものになります。

iPhoneケースを裁断する線を革に書く

重ねた時にずれないように出来るだけ正確に線を引きましょう。

革を裁断する

書いた線に沿って革を裁断します。

iPhoneSEケースのパーツ

留め具部分にヌメ革を使用しています。

好みでカード収納部、留め具部分の色を変えて作っても良いでしょう。

もちろん全部同色でもおしゃれだと思います。

コバ磨き、床磨きをする

全パーツの床磨き。カード収納部のコバ磨きを行います。

iPhoneSEケースの床磨きをする

ボタンのオスをつける

ボタンのオスをつけます。

縦は中央に、横は端から2cmのところにボタンをつけるための穴をあけます。

iPhoneSEケースのボタンの穴をあける

穴をあけたら打ち具を使用してボタンをつけます。

iPhoneSEケースにボタンのオスをつける

カード収納部の角を落とす

角落としやカッター、はさみなどを使用して角を丸くします。

iPhoneSEケースの角を丸くする

カード収納部を接着する

両面テープを使ってカード収納部を接着します。

両面テープを貼る部分は、接着力を高めるためにカッターで毛羽立ててから接着しましょう。

接着剤を使用しての接着でも問題ありません。

iPhoneSEケースのカード収納部の接着

ずれないように慎重に接着しましょう。

カード収納部を本体に接着する

無事接着できました。

全体を縫う

縫う作業に移っていきます。

端から3mmのところにぐるっと一周縫うためのラインをひきます。

iPhoneSEケースを縫うための線をひく

線を引いたら菱目打ちで縫い穴をあけます。

iPhoneSEケースの縫い穴をあける

縫い穴をあけたらグルっと一周縫います。

iPhoneSEケースを縫う

留め具をつける

留め具をつけます。

まずは、留め具の両端を丸くカットします。

カットしたら端から3mmのところに縫い穴をあけます。

iPhoneSEケースの留め具の縫い穴をあける

縫い穴をあけたらステッチを縫います。ステッチを縫ったらカシメで留めるための穴を端から1cmのところにあけます。

カシメが無い方は、ここで本体に縫い付けます。

iPhoneSEケース留め具のステッチを縫う

次に本体側にも穴をあけます。

場所は、縦は中央。横は端から1cmのところになります。

iPhoneSEケースの本体側にカシメを打つための穴をあける

カシメ打ちを使ってカシメを打って留め具を本体に固定します。

iPhoneSEケースの留め具をカシメで固定する

無事に固定できました。

iPhoneSEケースを接着する

iPhoneSEケースを接着していきます。

最初にカメラ部分の穴をあけます。

ケースをのせてカメラ部分のカットする線をひきます。

iPhoneSEケースのカメラ部分をカットするための線をひく iPhoneSEケースのカメラ部分を裁断する

線に沿って革をカットします。

難しい場合は、型抜きを使用すると簡単です。

iPhoneSEケースのカメラ部分をカットする

カメラ部分をカットすることができました。

iPhoneSEのケースを接着する

両面テープかボンドを使用してiPhoneSEのケースを接着します。

iPhoneSEのケースを両面テープで接着する

端とカメラ部分がきちんとくっつくように両面テープを貼ります。

両面テープを貼ったらずれないように慎重に接着します。

接着できたらケースを一度畳んで留め具のボタンをつける位置をきめます。

留め具にボタンのメス部をつけたら完成です。

iPhoneSEケースの完成

iPhoneSEケースが完成しました。

iPhoneSEケースの完成 ケースにiPhoneSEをはめてみる

ケースをとじてみます。

iPhoneSEのケースを閉じてみる

サイズはぴったりです。

カードも1枚収納できて実用性も問題ないです。

お気に入りの革でiPhoneSEのケースを作ってみましょう。

【作品作りが楽しくなる】おすすめの革

Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/kou12113/leather-craft-guide.com/public_html/wp-content/plugins/pinterest-pin-it-button-for-images/ppibfi_pinterest.php on line 238

おすすめの革一覧

RELATED POST
レザークラフト 作品

ボタンを2個つけるだけ ストラップ式キーホルダーの作り方

2019年3月15日
簡単に作れるレザークラフト入門講座 ほこるる
ストラップ式キーホルダーは、ボタンを2個つけるだけで簡単に作れます。 ベルトやカバンにつけたりと実用性も高く、難易度が低いのにオシャレ …
レザークラフト 作品

はぎれを使ってケーブルクリップを作ろう

2019年4月6日
簡単に作れるレザークラフト入門講座 ほこるる
余った革など少ない革で出来るケーブルクリップの作り方の紹介です。 カットしてボタンをつけるだけなので、簡単にできます。 ケーブルの整理など日常使いできるのが良いですね。 …
レザークラフト 作品

おしゃれな2つ折りパスケースの作り方

2019年5月2日
簡単に作れるレザークラフト入門講座 ほこるる
オシャレな2つ折りパスケースの作り方を紹介します。 縦に2つ折りになるパスケースは、革の質感が美しく売っている商品のようなクオリティで作るのも難しくありません。 パスケ …
ほこるるオリジナルレザークラフトキット&ヌメ革販売
販売サイトはこちら
ほこるるレザークラフトキット&お得なハギレセット
ウェブショップはこちら